葬儀社へのお葬式(家族葬/直葬)は日本最大級の口コミソーシャル比較サイト

  •  葬儀社Mナビ |
  •  チェック一覧|
口コミ比較サイト葬儀社Mナビ
  • 14,263店舗
  • 431口コミ
葬儀の種類
葬儀の様式の種類

葬儀の様式の種類

一見、複雑そうな葬儀の種類も「規模」と「宗教」という2つの側面からみると分かりやすくなります。 一般葬、家族葬、社葬は「規模」逆に仏式、神式、キリスト教は「宗教」による視点になります。

<一般葬>
「一般葬」も「家族葬」も厳密な定義はありません。家族中心の「家族葬」より大きい規模 の葬儀になり、町会、会社、ご友人と広く故人と関わりのあった方が会葬者になります。

<家族葬>
家族を中心とした小規模で行う葬儀です。都市部での核家族を中心に増えており、 費用も抑え、面倒な参列者への引き出物やお礼状を用意する必要もなく、自由なスタイルで葬儀を 行える反面、世間体を重んじる親戚とトラブルになるケースが多いです。

<火葬>
火葬のみだけ行います。法律では、死後必ず葬儀は行わなくてはならないとは決まっていません。 但し、病院から死亡診断書を受け取り、役所に死亡届を提出し、火葬(埋葬)許可証を取得をしなければなりません。

<市民葬・区民葬>
市・区などの自治体の指定された葬儀会社から、割安で提供される葬儀のことです。 亡くなった方か喪主がその地区に住んでいれば誰でも使うことができます。
※地域によっては無い所や、サービス内容もそれぞれ違います。
但し斎場は、公共の場所に限られます。

<社葬>
会社が主催して執り行う葬儀です。会社の創業者、会長、社長や多大な功績があった人が亡くなった時や、社員が会社の就業中に殉職した時などに執り行われます。

<合同葬>
喪家と会社が、最初から合同で通夜・葬儀・告別式を通して行う形です。
宗教は喪家側で時間が限られている為、非常に準備が慌しくなる場合が多いです。

<団体葬>
会社以外の団体が主催して行う葬儀です。

 仏式
 現在日本では、9割近くがこの仏式による葬儀です。
 但し宗派は、浄土宗・浄土真宗・天台宗・真言宗・曹洞宗・臨済宗・日蓮宗など色々あります。

 神式
 神道の葬儀は葬場蔡と言われます。
 死は「穢れ」と見なされ、遺族は喪期間中は鳥居をくぐってはいけない為、神式の葬儀・告別式は必ず斎場か自宅で行なわれます。

 キリスト教
 故人との別れと悲しみつつ、永遠の安息を得られるよう祈ることが中心の儀式です。
 場所は、故人の所属していた教会で行われます。

 無宗教葬
 宗教にとらわれない自由な発想で行う葬儀の事を指します。
 葬儀というより「告別式」「追悼式」になり、一般的には「偲ぶ会」「お別れ会」「友人葬」と呼ばれます。
    
無宗教葬の一例

無宗教葬の一例

以下、無宗教葬の一例です。

<ホテル葬>
ホテル内で執り行われる葬儀や告別式になります。

<フラワー葬>
故人の好きだった花で遺影を飾り、祭壇を花一杯にした、花献が儀式の中心の葬儀です。

<音楽葬>
故人の好きだった音楽を友人や家族が演奏をして儀式を行います。
場合によってはプロに依頼します。

<海洋葬(自然葬)>
パウダー状にした遺灰を海に散骨するスタイルです。

<樹木葬>
遺骨を山へ散骨し、墓石の代わりに樹木を墓標とする方法です。

<パーティー葬>
友人が発起人となり、故人を偲ぶことがメインのパーティーです。
家族で葬儀を行った後に「偲ぶ会」として行う場合が多いです。

<生前葬>
生きている内に、自分自身の葬儀を行い、お世話になった人にお礼を言うのが趣旨です。
通常パーティー形式で行われます。

<宇宙葬(番外)>
アメリカで行われているもので、カプセルに納められた遺骨を宇宙に打ち上げます。
2001年には14人の日本人の遺骨が搭載されました。
但し、宇宙葬の次回打ち上げは未定の為、現在募集は行われていません。(2008年11月現在)
    
生前に決定しておくこと

生前に決定しておくこと

本人と生前から以下のことを決めておくと、葬儀の形式や葬儀社選びなどがスムーズに進みます。
葬儀の値段は、会葬者の数に比例して値段も上がってきます。
香典の平均相場と人数で掛けして大体の予算を決定すると良いでしょう。

・家族内で事前に費用や形式について確認し、喪主も決めておく。
・希望する葬儀形式を、親戚に希望を伝えておく。
・家族、身内以外に参列して欲しい人のリストの作成し、知らせる範囲と順序を決定しておく。
・香典、供物、供花に関しての受け取りの可否を決めておく。
・宗教を決めておく。
※菩提寺がある場合は、事前に連絡。